お尻の筋肉「おしり力」を鍛えてヒップアップ&腰痛・寝たきり予防!【世界一受けたい授業】

スポンサーリンク

 

お尻の筋肉「おしり力」を鍛えてヒップアップ&腰痛・寝たきり予防!

 

9月2日放送の【世界一受けたい授業】では、人間が基本的な生活を送る上でかかせない筋肉「大臀筋(だいでんきん)」の重要性、その鍛え方(トレーニング方法)が紹介されました

教えてくれたのは近畿大学生物理工部准教授の谷本道哉先生

 

お尻の筋肉「大臀筋(だいでんきん)」

お尻にある大臀筋という筋肉は単一の筋肉としては人体のなかで最大で、これは「歩く」「立ち上がる」といった、人間が基本的な生活を送るのに必要な筋肉だそうです、体重が150kgもあるゴリラと比較しても人間の方が大きいそうです

しかしその大事なお尻の筋肉が現代社会の快適な暮らし(エレベーター・エスカレーターなど)によって衰えているそうです、大臀筋が衰えるとお尻が垂れ下がり下半身が太って見えるだけでなく、最悪の場合自分の体を支えられなくなり、要介護や寝たきりになる危険性もあります

特に日本人の骨格は骨盤が後ろに傾いているため、大臀筋がゆるみ使われにくくなる傾向にあるようです、欧米人は骨盤が前に傾いているため大臀筋が発達しやすく、走ったり跳んだりする動作が得意だそうです、また日本人は世界一座っている時間が長く、猫背になりやすくさらに骨盤が後ろへ傾きがちになっているようです

データによれば欧米人に比べると日本人の骨盤は4度ほど後傾しているそうです

 

おしり力チェック

まずは大事なお尻の筋力「おしり力」をチェック!

仰向けに寝てひざを90度に曲げます

片足をひざの上に乗せた状態でお尻を上げ、このまま10秒間キープ

しっかりと肩からお尻までが一直線になるようにして下さい

これを片足ずつ両方行い10秒間キープできないようだとおしり力が弱いということになります、また高齢の方は両足で行ってもよいということでした

 

 お尻の筋力を弱める意外なもの

ある意外なものが特に女性のお尻の筋力を弱めているそうです

それは「ハイヒール」

ハイヒールのようなかかとの高い靴を履くと一見お尻がぐっと上がりシェイプアップしたようにみえるが、実はおしり力を弱めている可能性があるそうです、ハイヒールを履いて歩くと骨盤が後ろに傾いてしまい、しらない間にお尻の筋肉を緩めてしまうということらしいです

女性のハイヒール以外にも、イスやソファーなどから立ち上がるときに「どこかに手をついて立ち上がる」という行動も、せっかくのお尻の筋肉を使うチャンスを失ってしまうため、結果的におしり力を弱めることになってしまうそうです

 

おしり力を鍛える方法

それでは最後にお尻の筋肉「おしり力」を鍛えるトレーニング方法の紹介です

イスに座るようにスクワットをする方法、名付けて「イスクワット」

イスに座り手を胸の前で交差させます

手の反動を利用せずにそのまま立ち上がります

座るときはお尻を突き出して座り、イスにお尻が触れたら座らずにそのまま立ち上がります

1日10回を2セット、1日おきに行いましょう

 

おしり力を鍛える理想的なスクワットはイスに座って立ち上がる体勢と同じだそうです、座るときにお尻をめいっぱい突き出すというのがポイントで、通常のスクワットでは前ももの筋肉には鍛えられてもお尻の筋肉はあまり鍛えられていないそうです

どうしてもキツイという人は机に手を置いて行ってもよいそうです

 

さらに通勤や通学の際に手提げのカバンの代わりに、リュックサックを使うというのもお尻の筋肉を鍛えるのに有効的なようです

片側でカバンを持つと腕を振ることができないのでしっかりと歩くことができないですが、リュックサックなら腕を大きく振ることができ、足に力が伝わり大股で歩けるようになり、結果的にお尻を鍛えられるということだそうです

同じ身長の欧米人と比べても日本人の歩幅は5cm狭いそうで、普段から大股で歩くことでお尻の筋肉を鍛えることができるようです

おしりは老化の早い筋肉なので、若いうちから油断せずにしっかりとトレーニングを行いましょう

 

あ、ちなみにお尻の割れ目は解剖学的には「臀裂(でんれつ)」と呼ぶそうです

「○○ちゃん、臀裂見えてるよ!!」

これなら人前でも伝えられますねwww

 

役立つ

Posted by chanchan