東京都内で手持ち花火ができる場所!おすすめは多摩川河川敷!【ヒルナンデス】

スポンサーリンク

 

東京都内で手持ち花火ができる場所!おすすめは多摩川河川敷!

 

8月21日放送の【ヒルナンデス】では、東京都内で手持ち花火ができる場所が紹介されました

教えてくれたのは、台東区・浅草橋にある創業1947年の老舗「長谷川商店」3代目社長の長谷川公章さん、こちらの長谷川商店では多種多様な手持ち花火がたくさん売られており、予算に合わせたおすすめの花火を見繕ってもらうこともできるそうです

 

東京都内で手持ち花火ができる場所

手持ち花火をやる場所と言えばやはり公園ですよね

でも公園って勝手に花火しても大丈夫なの?

東京都の場合、公園で花火ができるかは区によって異なるようです

上の地図で赤くなっている8つの区(足立区・葛飾区・江戸川区・北区・江東区・中央区・文京区・中野区)では、基本的に公園での花火が認められているようです

※公園によっては管理する団体が禁止している場合もあるので、念のためHPや看板を確認して下さい

残念ながらそれ以外の区では公園での花火は禁止されているようです、ちなみに東京都の砂浜は公安局によって花火は禁止されているそうです

 

う~ん、結構西の方は全滅だなぁ・・・

どっかいいところないの?

 

そんな人におすすめの手持ち花火スポットが多摩川の河川敷!!

河川敷内は誰でも自由に利用ができ、花火も認められているとのことです

※ただし自治体の管理する公園やグラウンドでは禁止されている場所もあるので、そういった場所を利用する際はしっかりと確認をして下さい

 

花火の捨て方

花火ってどうやって捨てたらいいの?

遊び終わった花火は東京23区では燃えるゴミとして捨てることができるようです、しっかりと水に浸けておき安全を確認してから捨てるようにしましょう

濡らした新聞紙で花火を包めば安全に捨てることができます

※未使用の花火を捨てる際は各自治体に確認して下さい

 

昔に比べると手持ち花火ができる場所がどんどん少なくなってきているそうです、こういった貴重な場所を守るためにもしっかりとマナーを守って花火を楽しみましょう!!

子供の頃は夏になればどこの公園でも当たり前のように花火やってたなぁ、って思ったけどあれは足立区の特権だったんだ・・・