自分に合う靴の見分け方!スニーカーの汚れは「セスキ炭酸ソーダ」で落ちる!【ヒルナンデス】

スポンサーリンク

 

自分に合う靴の見分け方!スニーカーの汚れは「セスキ炭酸ソーダ」で落ちる!

 

7月31日放送の【ヒルナンデス】では、「自分に合った靴の見分け方」、「靴を試着する時に気を付けること」、「変色した靴の対処法」、「スニーカーの汚れを落とす方法」が紹介されました

教えてくれたのは京王線笹塚駅より徒歩10分の場所にある「The Shoe Work Shop」の末光宏さん、この道23年の大ベテラン靴職人です

 

自分に合った靴の見分け方

今履いている靴が自分に合っているかどうかって気になりますよね

そんなときは「かかとのすり減り方」を見るとよいそうです

もし靴のかかとの部分が後ろの部分から外側にかけてすり減っているようなら正常、その靴はあなたに合っているし、ちゃんとした歩き方ができている証拠ということになるそうです

逆に、かかとの内側がすり減っていたら要注意!

歩くときに内側から地面に着いているとこのようにかかとの内側がすり減っていきます

このような歩き方をしていると猫背になったり腰痛を引き起こしたり、膝が悪くなったりと健康面に被害を及ぼす可能性があります

対処法としては靴の内側に部分的な中敷きを当てると良いそうです

こうすることで足が内側に倒れ込むのを抑えることができるようです

自分も偏平足なので普段から歩くときは外側から着地するような歩き方を心がけています

 

靴を試着する時に気を付けること

お店で靴を試着する際は当然サイズが自分に合っているかを確認しますよね、しかしそのときに気を付けなければいけないことがあるそうです

それは「靴を試着する時間帯」

普通足というのは起きてから6時間くらい(3時~夕方くらい)でむくみだすそうです、むくんでいない状態でピッタリのサイズの靴を選んでしまうと、夕方すぎにはサイズが合わなくなり足が痛くなる原因となってしまいます、試着の際はある程度むくんでいる状態で行うのがベスト

 

変色した靴の対処法

・まずは変色してしまった革靴の対処法

革靴に傷がついてしまったり変色を起こしてしまった場合には「靴クリーム」を塗ると良いそうです、実は靴クリームには様々な色のものがあり、靴の色に合ったものを使用して塗り、最後に着古したワイシャツなどで拭くとある程度目立たなくなるようです

・次は雨ジミで変色してしまった場合の対処法

雨などで濡れて靴の一部分だけが変色を起こしてしまった場合は、濡れた布などを使い全体を濡らしてしまうとよいそうです、一度全体を同じ色にしてしまい、それから乾かすことでほとんど目立たなくなるということらしいです、これはなかなかの荒業ですね

 

スニーカーの汚れを落とす方法

最後はスニーカーについてしまった頑固な汚れを落とすとっておきの裏技を紹介

使用するのは”セスキ炭酸ソーダ”というもの

 

KC キッチンクラブ セスキ炭酸ソーダ 1kg

※ドラッグストアなどでも簡単に手に入るようです

このセスキ炭酸ソーダを500mlの水に小さじ2杯程度を溶かしたものをスプレー容器に入れ、それをスニーカーの汚れた部分に10回ほどまんべんなく拭きかけブラシでよく擦ります、最後に水につけながらさらに擦るとビックリするくらいきれいに汚れが落ちるようです

セスキ炭酸ソーダには頑固な脂汚れや汗ジミなどを落とす効果があり、さらに消臭効果もあるそうなのでスニーカーの汚れには持ってこいです

 

役立つ

Posted by chanchan