背筋を伸ばすだけでストレスは減る!?科学的に元気になる方法!【世界一受けたい授業】

スポンサーリンク

 

背筋を伸ばすだけでストレスは減る!?科学的に元気になる方法!

7月29日放送の【世界一受けたい授業】では、ストレスをなくし科学的に元気になる方法とういものが紹介されました、紹介してくれたのは明治大学の教授で「科学的に元気になる方法集めました」の著者でもある堀田秀吾先生

 

科学的に元気になる方法集めました

 

元気がなくなるのはストレスが大きな要因の一つ、ストレスが生じると「気分の落ち込み」、「やる気の低下」、「イライラ」など心理面にも影響を及ぼし元気がなくなります、ぜひ科学的に元気になる方法を実践してストレスの軽減をしてみてはいかがでしょうか

 

ストレス減!科学的に元気になる方法

1日5回良いことをすると幸福度が高くなる

カリフォルニア大学のソニア・リュボミアスキー教授の研究によると「献血をする」、「ゴミ拾いをする」、「お年寄りに席を譲る」、「道案内をする」、「お礼状を書く」などの良いことを毎週決まった曜日に5つ行ってもらった結果、幸福度が高くなったというデータがあるようです

たしかに良いことをして自分の気持ちが良くなることってありますよね、ただしこれは自分の為の善行ですから見返りなどは求めてはダメですよ~( ̄∇ ̄ノノ

 

リラックスしたい時は手をお湯につける

温かさを感じる温点は手の指に集中しているので、40度のお湯に10分間つけるだけで副交感神経を高め、リラックスすることができるそうです

 

ん?

風呂入ればいんじゃね?

・・・・・

 

まぁ風呂に入るより手軽にできるってことですね(^_^;)

 

やる気を出す方法はとにかくやり始める

やりたくなくてもまずは行動を起こすことで、やる気物質とも呼ばれる”ドーパミン”が分泌され、自然とやる気が出てくるそうです

小説家の村上春樹さんは書くことが決まっていなくても毎日4~5時間は机に向かうようにしているんだとか、それによってやる気のスイッチが入るんだそうです

 

背筋をピンとするとストレスホルモンが減る

ハーバード大学のエイミー・カディ准教授らの実験によると、一方のグループには堂々と背筋を伸ばした姿勢をとってもらい、もう一方のグループには縮こまった猫背の姿勢をとってもらい、2分後に唾液中の”コルチゾール”というストレスホルモンの値を測定したところ、猫背の姿勢のグループではコルチゾール値が15%増えたのに対し、背筋を伸ばしたグループではコルチゾール値が25%も減少したそうです

つまりたった2分間背筋をピンとするだけでもストレス軽減効果が期待できるということです

他にも背筋をピンと伸ばすことで積極性が増し自信を持つなど、脳や体に大きな影響を与えるということもわかっているそうです

 

ボーッとするといいアイデアが湧く

ワシントン大学のマーカス・レイクル教授らの研究によると、意識を集中させているときよりもボーッとしているときの方が脳が20倍も活発に働いているということがわかったそうです

難しいことを考えているときなどは前頭葉などの脳の一部が中心的に働き、ほかの部分の働きは鈍くなります、しかしボーッとしているときは脳の広い範囲がまんべんなく働き、様々な情報や記憶を整理してくれるそうです

「何も考えずに外の景色を眺めてみる」、「ゆっくり歩く」など1日3分間程度ボーッとすることでよいアイデアが生まれやすくなるそうです

 

落ち込んだ時は楽しい動きをすると楽しくなってくる

オットー・フォン・ゲーリケ大学のウィスウェーダ博士の論文によると、箸を口に咥えて笑顔に似た表情をつくると楽しさを感じるドーパミンに関係する脳の活動が活発になったと報告されています

つまり作り笑顔でも脳が楽しいと感じることがあるということです

さらに体を動かすことで気分を明るくする働きのある”セロトニン”という物質が分泌されるそうなので、笑顔で体を動かせば効果は抜群ということ

らしいですが・・・

 

はたから見たら結構ヤバい奴なので、誰にも見られないようにね

 

でも実はこの方法、自分結構やってましたw

今日全然笑ってないなっていう日とか誰とも喋ってないなって日は、夜寝る前に顔だけで笑顔を作ってました、これが科学的に健康になれる方法だって知ってたんで

おい、そこ!寂しいヤツとか言うなっ!!

くそ(ノ△・。)

 

役立つ

Posted by chanchan