カレー研究家おすすめ最新レトルトカレー!【王様のブランチ】

スポンサーリンク

 

カレー研究家おすすめ最新レトルトカレー!

 

7月29日放送の【王様のブランチ】では、年間600食以上のカレーを食べるというカレー研究家のスパイシー丸山さんという方が、最新のおすすめレトルトカレーを紹介してくれました

 

初めての東京スパイスカレーガイド

暑い夏には無性に食べたくなるカレー、スーパーでもレトルトカレーが一番売れるのは夏だそうで、各メーカーが夏に合わせて新商品を出してくるそうです

夏の新商品や期間限定も続々登場!

この夏食べるべき!最新インスタントカレーランキングベスト10

 

10位:LEE 辛さ×30倍(夏季限定)/グリコ

通常20倍がマックスの「LEE」シリーズ、夏になると30倍が発売されるようです

40種類のスパイスに粗びきの黒コショウがアクセント

 

9位:有機キヌアとガルバンゾビーンズのスパイシーカレー/成城石井

成城石井のオリジナルブランドの最高峰「desica(デシカ)」から発売された新商品

栄養価の高いスーパーフードとして注目のキヌアと、食べ応えのあるガルバンゾビーンズ(ひよこ豆)を使いスパイシーに仕上げたベジタブルカレー

キヌアのプチプチとひよこ豆のホクホクでダブル食感が楽しめるカレー

 

8位:ボンカレーゴールド 太陽のキーマカレー/大塚食品

レトルトカレーの代名詞的存在のボンカレーから登場の「冷蔵庫で冷やしても美味しいキーマカレー」

冷やしても固まらないように油脂分を調整しており、ルーに使用されている日向夏果汁と完熟トマトの爽やかな酸味が冷やすことでより際立つそうです

 

7位:ピンクニュージンジャーカリー/岩下食品

あのCMで有名な岩下の新生姜が本気で作ったフォトジェニックなピンク色のカレー

見た目はともかくカレーにショウガは普通に使いますからね、味が気になります!!

※通販、栃木県の岩下の新生姜ミュージアム、秋葉原の「和style.cafe AKIBA」にある公式ショップで購入できるようです

岩下食品オンラインショップ「ピンクニュージンジャーカリー」

 

6位:タイカレーパラダイス/ヤマモリ

タイカレーのレトルトといえばヤマモリ、タイに生産工場があり、現地の食材を使い日本と同じ品質管理の元に本場の味を追求しています

タイ産のフルーツ、パインとマンゴーピューレ、大きなチキンとパイナップルの入ったフルーティーなカレー

 

5位:こがね鶏のバターチキンカレー/ファミリーマート

今コンビニ業界では、チルドタイプのカレーが人気

チルドタイプは常温保存ができないので不便に思える部分もあるが、その分素材の美味しさを活かした繊細な味が実現でき、バターチキンのようなスパイス控えめのカレーにはぴったりだそうです

 

4位:夏野菜カレー麺の素(夏季限定)/丸美屋

常温のまま使用できる温めいらずのレトルトカレー、お好みの麺にかけるだけの超簡単仕様が嬉しい

ナス・ズッキーニ・トマトといった夏野菜がたっぷり入ってます、暑い夏はそうめんのつけ汁としてもおすすめだそうです

 

3位:フリーズドライカレー/アマノフーズ

フリーズドライといえばアマノフーズ、お味噌汁のシリーズめちゃくちゃ美味いですよね(ちょっと高いけど)

そんなアマノフーズが本気でフリーズドライのカレーを作りました、お味噌汁同様にお湯をかけて混ぜるだけで完成、忙しい朝でもお手軽にカレーが食べられます

 

2位:素材を生かしたカレー サグチキン(ほうれん草とチキンのカレー)/無印良品

ほうれん草・ケール・小松菜といった3種の青菜を使用し味に深みを出しているそうで、スパイシーさと野菜の旨味が調和したカレー

待ちの声でも無印良品のカレーは人気でしたね、大人気の「バターチキン」は年間販売累計300万個を達成するほどの人気っぷり

 

1位:セブンプレミアムゴールド 金のビーフカレー/セブンイレブン

ここからコンビニカレーが変わったと言っても過言ではないコンビニカレーの革命児

もともと大人気の商品がこの夏さらにリニューアル!8時間じっくり煮込んだ牛のダシ(フォン・ド・ヴォー)を加え、ビーフ感がより味わえるようになったようです

袋のままレンジでチンするだけの簡単調理も人気の理由

 

くーーーっ!カレー食いてぇぇぇ~、もう「す○屋」のカレーでいいから食いたい!!!

 

グルメ

Posted by chanchan