どんな包丁を選べばいい?包丁のサビは〇〇で簡単に落ちる!【ヒルナンデス】

スポンサーリンク

 

どんな包丁を選べばいい?包丁のサビは〇〇で簡単に落ちる!

 

2017年7月10日放送の【ヒルナンデス】では、「どんな包丁を買えばいい?」、「サビた包丁はどうすればいい?」、「値段は高い方が良い?」などの主婦100人に聞いた包丁に関する疑問を解決!

教えてくれたのは合羽橋の包丁専門店「かまた刃研社」の鎌田晴一さん、日本屈指の包丁の研ぎ師だそうです

かっくいー!!(〃ω〃)

 

包丁の選び方

どんな包丁を選べばいいの?

確かに一括りに包丁と言ってもいろんな種類のものがありますからね、何本か持っておいて用途に合わせて使い分けた方がいいのか、一体どんなものを選べばよいのか迷いますね

包丁研ぎ師の鎌田さんの回答は

とりあえずはステンレスの三徳包丁が1本あればOK!

※三徳包丁とは肉・魚・野菜などの幅広い料理に活用できる万能包丁のことで、別名”文化包丁”とも呼ばれています

番組のアンケートによれば9割以上の主婦が1本以上は持っているというステンレスの三徳包丁、ステンレスのためサビにくく刃が丈夫という特徴があります

硬いもの以外ならお肉でも野菜でもなんでも切れる万能包丁です

 

カボチャは?

ここでカボチャの上手な切り方も教えてくれました!

カボチャを切るときはまずひっくり返して、おしりの部分から縦に包丁を突き刺す

それから包丁を倒して切ると簡単に切れるみたいです、テコの原理かな

 

包丁の柄の部分はステンレスと木どっちがいい?

ステンレスの三徳包丁といっても、包丁の柄の部分までステンレスのものと、柄の部分は木や樹脂でできているものがありますよね

一体どっちが良いのでしょうか?

まずは柄の部分までステンレスの包丁ですが、木や樹脂のものに比べて雑菌が繁殖しにくく丈夫で壊れずらいという特徴があるようです

次に柄が木や樹脂でできている包丁こちらはステンレスに比べ”持ちやすい”という特徴があるようです、”持ちやすい”って響きだけだとすげー弱いメリットに聞こえるけど、包丁にとっては一番重要な要素だよな

どちらも一長一短なようです、しっくりくるほうをチョイスされるとよいかと思います

 

包丁は値段が高い方が良い?

鎌田さん曰く、「高いものほど硬い鋼(ステンレス)を使っていて切れ味の持続性が良いが、とても高級な包丁の中には特殊なステンレスを使っている場合があり、そういったものの中には若干サビが出やすいものもある」だそうです

必ずしも高ければ良いというわけではなさそうですね、ステンレスの三徳包丁であれば高くても1万円程度のもので十分らしいです

ちなみにホームセンターで売っているような包丁も、研げばそれなりに切れるようにはなるが、やはり切れ味の持続性は悪く、何度も研がなければならなくなるようです

 

包丁が傷む原因はまな板

実は包丁は食材を切って傷んでいるわけではなく、まな板が原因で傷むようです、最近ではプラスチックのまな板をよく見るようになりましたが、木のまな板と比べるとやはり若干硬い分刃こぼれはしやすいようです

ただプラスチックのまな板は木のものに比べ、雑菌が繁殖しにくいという特徴もあるので、これまた一長一短といったところですね

 

包丁のサビは〇〇で落ちる!

サビてしまった包丁はどうすればいい?

最後に包丁のサビを落とすのに最適なアイテムを鎌田さんが教えてくれました

それは次のうちどれでしょう?

・ワインのコルク ・消しゴム ・ジーンズの切れ端

 

スポンサーリンク



 

正解はワインのコルク

やり方は、水で濡らしたコルクにクレンザーをつけて包丁を擦るだけ、しっかりと包丁を台に置いて行うと安全です

ワインのコルクには適度な弾力性と凹凸があり、包丁のサビを取るのには最適なアイテムなんだそうです

 

役立つ

Posted by chanchan