話題の絵本作家「のぶみ」のおすすめ絵本!【世界一受けたい授業】「よわむしモンスターズ」「ママがおばけになっちゃった!」「うんこちゃん」

2017年6月2日

スポンサーリンク

話題の絵本作家「のぶみ」のおすすめ絵本!

2017年5月27日放送の【世界一受けたい授業】に登場の絵本作家の「のぶみ」さん、いじめを苦に不登校を経験したこともある子供時代から、ヤンチャを繰り返し気が付けば池袋連合というチーマーのトップになり、警察のお世話になることも度々あったとか・・・

そんな彼が絵本を描いたきっかけは「好きになった人が絵本が好きだったから」という理由、「俺、絵本描いてるんだ」という嘘から本当に絵本を描き始め、何度もあきらめずに出版社に持ち込み絵本作家デビュー

その後は鳴かず飛ばずの状態が続いたが、ご自身の子供の為に書いた絵本が売れ一躍人気絵本作家に

最初の一冊は好きな人の為に、それからは実に70冊もの絵本を描き、やっと売れた2作品は自分の子供の為に描いた一冊でした

「人は誰かのために、生きてるんだ。
デビューして、8年目で遅すぎるけど、
遅すぎたから、それがわかった時、
僕は涙が出たんです。」

そんな異色の経歴を持つ絵本作家「のぶみ」の

子どもだけでなく大人も夢中にする「家族で読んでほしい絵本」

よわむしモンスターズ

よわむしモンスターズ (講談社の幼児えほん)

しかけのないしかけ絵本!

拍手に弱いモンスターや大声に弱いモンスターなどが登場するので、その度子供たちは一生懸命拍手をしたり大声を出したりします、そしてモンスターたちをやっつけてヒーローになれる子供たち

家庭や幼稚園などで盛り上がること間違いなしの絵本

ママがおばけになっちゃった!

ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)

 「ママは くるまに ぶつかって、おばけに なりました。」

物語の冒頭からかなりショッキングな出だしです、それから子供のことが心配な母親は夜に子供の前にあらわれていろんなお話をします、最初は普通に会話していた子供も次第に母親がいなくなってしまったという事実を実感し泣き出してしまいます

この絵本は単に母親を事故で失ってしまうという悲しい話ではなく、普段大切に思っている人がそばにいてくれるのはあたりまえなことではなく、かけがえのない大切なことなんだということを教えてくれます

母と子という関係だけでなく、家族・友達・恋人など、すべての大切な人への感謝の気持ちを忘れずに・・・

うんこちゃん

うんこちゃん

トイレで急に「流さないで」としゃべりだしたうんこちゃん、どうやら男の子と友達になりたいようですが当然のように嫌がる男の子

次第に心を開いていき仲良くなっていくのですが、うんこちゃんは臭いので一緒にいるのは難しいのです、そのうちお母さんにもばれてしまいうんこちゃんの運命やいかに・・・ 

Posted by chanchan